保険が使える漢方診療・漢方治療 証クリニック 東京吉祥寺・東京千代田区神田(漢方内科・内科・神経内科・漢方消化器内科・漢方神経科)

証クリニック 東京 吉祥寺 0422-21-7701
証クリニック 東京 千代田区 御茶ノ水(お茶の水) 神田 03-3292-7701
文字サイズ文字サイズ:小文字サイズ:中文字サイズ:大
サイトマップ
リンク
トップ > 暮らしと漢方 > 花粉症の漢方治療2
暮らしと漢方

花粉症の漢方治療2

花粉症の漢方治療2

アレルギー症状が軽症から中等症までは漢方単独でも対応可能ですが、重症になると西洋薬とくに外用薬の併用が必要になります。
治療戦略として、まず症状を沈静化し、ついでアレルギー体質の改善に移ります。
花粉の季節が過ぎてからも治療の努力は可能!症状のない時こそがアレルギー体質の改善のチャンスなのです。

西洋医学的治療で改善しても中止すると元に戻ってしまう、悪化してしまう方、眠気などの副作用のため服薬を続けられない方、西洋医学的治療で十分な効果が得られない方、手術療法による手術後、鼻閉は良くなったが、くしゃみ鼻水症状が改善しない方。このような症状をお持ちの方には、特に漢方治療をおすすめします。