保険が使える漢方診療・漢方治療 証クリニック 東京吉祥寺・東京千代田区神田(漢方内科・内科・神経内科・漢方消化器内科・漢方神経科)

証クリニック 東京 吉祥寺 0422-21-7701
証クリニック 東京 千代田区 御茶ノ水(お茶の水) 神田 03-3292-7701
文字サイズ文字サイズ:小文字サイズ:中文字サイズ:大
サイトマップ
リンク
トップ > 暮らしと漢方 > 風邪が流行していますのでご用心!
暮らしと漢方

風邪が流行していますのでご用心!

季節は秋から冬へ。
冷えと乾燥が強くなっています。咽を傷めやすい今日この頃、ずいぶん風邪がはやっていますね。マスク・手洗い(出先では手で顔に触れない)・身体を冷やさない・よく食べて睡眠をしっかりとることを心がけてください。寝室の加湿も有効です。

風邪の症状にもいろいろです。
桂皮・麻黄には抗ウイルス作用があり、身体を温め節々の痛みやだるさを緩和します。
咽ちくちく・鼻水の風邪には桂麻各半湯がよく使われます。
寒くてだるさが強いときは麻黄附子細辛湯が適応です。
有名な葛根湯は肩こりの強いときで、汗の出ない場合に使われます。

特に今年は咳がひどく長引くことがあり、マイコプラズマという病原菌にも注意が必要です。これには抗生剤が必要ですが、最近ではクラリスロマイシンに耐性があるようで、エリスロマイシンかミノマイシンがよいようです。
連続するひどい空咳が特徴で、長引く場合には麦門冬湯などとの併用もよいと思われます。おかしいなと思ったらご相談ください。

予防・早目の対処で、こじらせないようにしましょう。