保険が使える漢方診療・漢方治療 証クリニック 東京吉祥寺・東京千代田区神田(漢方内科・内科・神経内科・漢方消化器内科・漢方神経科)

証クリニック 東京 吉祥寺 0422-21-7701
証クリニック 東京 千代田区 御茶ノ水(お茶の水) 神田 03-3292-7701
文字サイズ文字サイズ:小文字サイズ:中文字サイズ:大
サイトマップ
リンク
トップ > こんな症状にこそ漢方を! > メタボリック症候群

健康診断でメタボリック症候群のおそれがあると言われました。
確かに毎年体重が増え続け、血圧が上がってきて、血糖値も高くなってきていました。指導は「食事と運動を心がけるように」でした。でも、運動している暇はないし、夕食は遅いし、空腹でどか食いしてしまうし、どうしたらよいのでしょうか。

メタボリック症候群

空腹を長く続けると血糖値が下がってきます。これはまずいと、血糖値を上げようとします。さらに、血圧も上げます。つまり、交感神経系の亢進状態となるのです。このような状態が続くと血圧は上がったまま、血糖値も上がったままとなります。肥満高血圧も結果なのです。運動不足も食べ過ぎも確かにありますが、そうせざるを得ない生活習慣=仕事中心の生活がもたらした結果ともいえます。背景にある仕事の緊張、精神的負荷等々が常時戦闘状態を招くのです。これで、睡眠時間を削れば、しっかり完成です。できることから改善しても、普通は不十分に終わります。そこで、おすすめなのが、漢方治療です。漢方ではこういう状態に対応する処方がいくつもあります。降りかかる火の粉から身を守るコートの役割を目的とした処方や、雨ぶりの時の傘やレインコートの働きを期待して用いる処方があるのです。まず、ご相談ください。