保険が使える漢方診療・漢方治療 証クリニック 東京吉祥寺・東京千代田区神田(漢方内科・内科・神経内科・漢方消化器内科・漢方神経科)

証クリニック 東京 吉祥寺 0422-21-7701
証クリニック 東京 千代田区 御茶ノ水(お茶の水) 神田 03-3292-7701
文字サイズ文字サイズ:小文字サイズ:中文字サイズ:大
サイトマップ
リンク
トップ > 暮らしと漢方 > 花粉症の漢方治療1
暮らしと漢方

花粉症の漢方治療1

花粉症の漢方治療1

正確な統計はないようですが、10人のうち1~2人は“アレルギー性鼻炎”であると言われ、それは現代人を悩ませる日常的な問題となっています。
そして春先に発症することで有名な“スギ花粉症”は、その中でも最も認知されているものの1つでありましょう。


“アレルギー体質”を根治させることはきわめて困難と考えますが、漢方では生体の反応をうまくコントロールし、なだめるような治療が可能で、アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎をいわゆる“寛解状態”に導くことができることがあります。
まずは症状の強いときにはそれを鎮める治療を行います。そして寛解を維持するためには、症状のない時期にも普段から養生を見直し、気・血・水のバランスを整える処方を考えることも大切です。
鼻水型であれば、これを漢方では「水毒」(水分調節障害)、
鼻閉型では、「お血」(血行障害)の病態ととらえ、
さらに“気”(自律神経のバランス)の失調状態を整える為の処方をバランスよく行います。