保険が使える漢方診療・漢方治療 証クリニック 東京吉祥寺・東京千代田区神田(漢方内科・内科・神経内科・漢方消化器内科・漢方神経科)

証クリニック 東京 吉祥寺 0422-21-7701
証クリニック 東京 千代田区 御茶ノ水(お茶の水) 神田 03-3292-7701
文字サイズ文字サイズ:小文字サイズ:中文字サイズ:大
サイトマップ
リンク
トップ > 暮らしと漢方 > 冷房病ではありませんか?
暮らしと漢方

冷房病ではありませんか?

冷房病ではありませんか?

足から下半身の冷えはありませんか。
のぼせやすくなっていませんか。
冷房により、冷えていることに気がつかない方も多いようです。梅雨時から夏にかけては「暑くむして不快になる」ので冷房を強くしがちです。そうすると体がついて行けなくなるのです。

体温調節を担当している自律神経が不調になるため、このような症状が出てきます。女性は男性に比べて発熱源である筋肉の量が少ないので、冷えやすいといえます。
さらに、夏は薄着になるためいっそう冷えやすくなっています。
冷房を28℃以上に設定して、暑く感じるときは扇風機を上向きに床置きにしてみてください。
冷房の調節ができない場合には保温や風当たりを防ぐためにショールやカーディガンなど羽織るものを、冷房環境に長くいるときは腹巻きやカイロそしてソックスがほしいですね。
入浴はシャワーで簡単にすまさないで、下半身浴にしましょう。ストレッチなど軽い運動ができるとベターです。
この様な対策をしても改善しない時は漢方の出番です。

冷房病冷え症(冷え性)もあわせてご覧下さい。